臨床検査技師の主な役割りについて

>

臨床検査技師の仕事内容について

検査で患者を助ける

臨床検査技師は確かに医療の仕事ですが、直接的に患者とあまり向き合って仕事をするものとして考えられてきました。
その為、看護師や医師のように患者と会う機会も話す機会も少なかったそうです。
しかし、最近の医療の現場では前の記事でも紹介したと思いますが、検査のほとんどを臨床検査技師が行っている医療機関が増えています。

ですが、そんなに誰が臨床検査技師で看護師であるのかと言うのは患者である身からすれば分からない事です。
しかし、検査と言う医療において基本的な事から患者を支え助けているのが臨床検査技師なのです。
どんどん医療も高度化してきている中で検査も複雑になりつつあるそうです。
高齢化社会を迎えようとしている現代において臨床検査技師はますます活躍出来る場も増えて医療の現場においてはとても欠かせない存在になっていると思います。

医療チームの中心的な存在

医療はどんな分野においても、全てチームで行われている事が多いです。
その為、その中で最も重要な位置にいるのが通常であれば医師だと思われがちですが、実は臨床検査技師なのです。
前の記事でも紹介したと思いますが、検査により患者を支えています。

患者やその家族が安心して医療を受ける事が出来るのは、何も臨床検査技師だけの力ではないのです。
各分野の様々な医療従事者が専門的な知識を生かし、チームの一員として連絡を取り合い患者の治療に専念しています。
どんな病気でもまずは検査をして見ないと分かりませんよね?
医療における診断、治療、病気の予防が安心して出来るのは中心的な存在である臨床検査技師がいるから成り立っていると思います。


この記事をシェアする
TOPへ戻る