臨床検査技師の果たす役割とは?

臨床検査技師の主な役割りについて

医師に報告する為に細かく分析をする

医師の指示の中で様々な検査を行うのが臨床検査技師の仕事です。
検査は、検体検査と生理機能検査の2つに分かれています。
中でもここでは、検体検査についてまとめて見ました。

患者の体が今どのような状態に置かれているのかという事を一番最初に判断するのは臨床検査技師であり、医師は最終的にその治療法を決めていくのです。
体の内部の様々な情報を臨床検査技師が整理をする事で医師がきちんとした診断を下せるようになるのです。
ですが、検体検査と言うのはあまり聞きなれない言葉だと思います。

人の血液や尿や髄液や便といったように体から採取された体液や排泄物を検体と呼ぶそうです。
それらを検査、分析をするのが臨床検査技師というわけです。
検体を特殊な医療機器で測定をして観察する事で、その患者に今どのような治療や薬が必要なのかと言う判断を医師がスムーズに行えるように手助けしてあげます。

今の日本の医療の現場では多くの検査は、看護師さんが行っているように見えますが、実は臨床検査技師も担当している事が多いみたいです。
勿論、採血の臨床検査技師が直接行っている医療施設も多いようです。
医療現場では、一人一人が活躍するのではなくきちんとしたチームを組んで動いているようです。

医療の世界では異なる職種だとしても同じチームの一員として患者の命を助ける為に最高の医療を提供する事を目標として日々命と向き合っています。
中でも臨床検査技師は、様々な検査の総合的な判断をする専門家であり、その知識はとても幅が広く時として医師と同じような立場で方針を決めていく事もあるそうです。

病気の兆候をいち早くとらえる事が出来る

自覚症状がなくても臨床検査技師がきちんと検査、分析をする事によりもしかしたら症状が悪化する前に異常をとらえる事は出来るかもしれません。 その結果、病気の早期発見、早期治療に繋がり命を落とす事なく健康に過ごす事が出来るのです。 なので、臨床検査技師の役割りは医療には欠かせない存在になっていると思います。

おすすめリンク

新宿で通いやすい耳鼻科

新宿区にある通いやすい耳鼻科と、その医院のもつ魅力について通院経験者の体験談をお伝えします。

TOPへ戻る